義母がくれた時間
ただ今パック中~~(笑)
d0064859_7471983.jpg

本題に入る前に新鮮な柿をご紹介
渋柿を甘柿にする方法を今回初めて知りました
(果実酒に使う焼酎使用)
実は昨年も頂いていたのですがそんなひと手間があったとは露知らず
元々甘柿だと思っていたのだからまだまだ知らぬ事ばかりです
そして柿の保存法も知りました
柿さんはヘタで呼吸をしていたのですね

我が家にとって柿は…肝臓強化の助っ人ですね(笑)
酵素が直接アルコールの分解を促進する効果があるようで
更に豊富なカロチンやビタミンCで
肝臓の働きを高めるのを期待しております(=v=)

柿の送り主は青森のエリちゃん
野菜に関しては大変勉強熱心且つ努力家の女性です(=v=)

先ずは翔&迅から一言ごあいさつ
d0064859_749275.jpg

そして私からも「エリちゃん今年もありがとう」
早速一番熟しているのをいただきました
d0064859_8193235.jpg
 
あま~い

信州では野沢菜を塩出し
炒めて好みの調味料で味つけをします
昔は酸っぱくなった野沢菜を捨てるのが勿体なくて作ったものです

夕べは未だ酸っぱくない野沢菜と柿を使って酒のつまみを作りました♪
d0064859_7511594.jpg

柿の甘味と野沢菜の塩けがお酒に合いましたね~(-m-)
俗に言うお通しでした
*****************************
*****************************

某ストアが主催する応募用紙に希望商品を選んで箱に入れたら
数か月後かな? 秋の日帰り旅行の優待券が届き山梨県に行ってきた
その旅はちょうど一年前の今日 11月9日

この手のバスツアーはご存知の方もいるかも… 
優待券が届いた本人は無料で、お連れは有料(1万円で少しおつりがくる程度)
「旅費の半分は私が出すから一緒に行かない?」みたいに人員を増やすのだろう

私は週日の火曜日を第一希望にして返信ハガキを投函した
同伴者はなし 一人旅のバスツアー
数日後、私の座席番号を記したハガキが届いた 

無料だからって1人きりで参加する人はまずいないだろうなぁ~と思いつつ
9日の早朝、夫に集合場所まで送ってもらってバスに乗車してみると…
こんな仲間がもう2人おりました(驚) 私を含め3人の女性が単独参加

座席は全席指定 私たちのような一人組はバス後部
3人の内1人だけ最後部でゆったりひとり席だったがそれは私ではなかった
よくよく車中を眺めると私が一番若かった(笑)

隣に座ったご婦人はこの手の優待バスツアーや
新聞の折り込みチラシ募集の旅(こちらは有料)が趣味らしく
月に何度か1人旅をしている常連だった

「この先お土産屋さんや宝石店とか何軒か寄るけど惑わされないでね」
とアドバイスを受けた

「本当に欲しければ現地の自由時間で買う事が出来るから」
なるほど…経験が物語る

「道中は土産屋の試食と甘い物で楽しまなくちゃね」
と…発車後直ぐに栗どら焼き(かなり大きかった)を1個くれた
d0064859_8534100.jpg

漬物屋はまぁ別として
宝石店やマイナスイオン施設の見学で各1時間くらい足止めされたけれど
確かに好みの宝石は目の保養になった
トルマリンを扱う施設では人を惹きつける話術に感心させられた
さすがプロ(良い悪いは別として凄いと思う)

大食堂の昼食では山梨名物ほうとうと
B級グルメでチャンピオンになったモツ煮も食べ、更に松茸ご飯も食べた
d0064859_86167.jpg



珍しい葡萄とワイン酢も試飲し
土産のほうとうもアドバイス通り一番最後にまとめ買いしたから安価だったし
d0064859_87560.jpg

何と言ってもモンデ酒蔵で「ワインの楽しい飲み方」の講座を受けた序に
d0064859_883525.jpg



抹茶ワイン・山梨ベリー種ワイン・甲州ワイン
珍しいエゾウコギやポーレンが入ったヘルシーロゼも試飲できた(笑)
d0064859_894950.jpg


待ちに待った時が河口湖周辺の自由時間
きみまろさんのお店屋を覗き
d0064859_810149.jpg



河口湖と富士山
この画像は湖に富士山が映るよう加工しています
d0064859_8105299.jpg



目的の湖畔周辺の紅葉を堪能出来た(少し早目でした)
d0064859_8114611.jpg

d0064859_812274.jpg


もみじ回廊 改めて画像を見てあの時の感動が蘇ってくる
d0064859_812582.jpg

d0064859_8134250.jpg

この一人旅は1年前にブログアップするはずだったが機を失した

旅の翌日
夫の実家へ行った時、義母はヘルパーさんのマッサージを受けていて
室内も温かくて気持良さそうにうつらうつらとしていたっけ

そのあと義父も一緒にお茶を飲みながら雑談もした

所が私が帰った数時間後、義父の電話で再び夫の実家へ駆けつけた
義母は私が誰なのか分かっていない 母の時と同じだった
直ぐに救急車呼び私もそれに同車して
かかりつけの病院に搬送、緊急外来から救命センターへ

原因は脳内室出血(その後糖尿病も患っていることがわかった)
数日後には一般病棟に移動出来きて退院も期待できたのに
高熱と呼吸困難のため人工呼吸器装着 その後痙攣で意識を失い
入院から2ヵ月も経たぬ1月3日に他界した

義母の一周忌法要は来月3日
祥月命日より1ヶ月早い月命日に執り行うことに決まりました

振り返ってふたつほど…
義母はこの世を去る前に私に大切な時間をくれた気がする

ひとつめが緊急入院する前日のこの旅で
ふたつめが亡くなる前日35年振りの初の中学校同窓会
d0064859_8151185.jpg

d0064859_8144523.jpg


改めて私は晩年の義母に大事に思われていたのだと感じた
そしてこれはきっと義母を忘れないでという願いだったのかもしれない
[PR]
by r-petal | 2011-11-09 08:27 | Comments(24)
Commented by まんまに at 2011-11-09 13:23 x
なるほど!勉強になりました。
柿は子供の頃から大好きです。
私も最近ブログに柿を使ったお菓子をアップしました。
よかったら見て下さい。
熟した柿の実は一旦、半乾燥してから
おせち料理のナマスに混ぜたりします。
お酢のトゲが取れておいしいですよ。

Commented by みーと at 2011-11-09 23:54 x
お義母様・・・そうでした。早いですね、あれからもう1年・・・
富士山にモミジ!なんと綺麗!

柿、果物で食べる以外では、私は豆腐で白和えにして、くりぬいた柿の器に入れてというパターンが多いです。あつ中華風の炒め物に入れてもなかなかイケます。
Commented by マリンママ at 2011-11-10 05:06 x
翔君と迅君がかわいい~♪柿と野沢菜の組み合わせに(驚
日帰りのバスツアーは未経験です、一度は経験したいですね♪
お義母様の一周忌ですか・・1年って早いですよね (合掌
Commented by エリチン at 2011-11-10 07:32 x
おはようございます。こんなに素敵に紹介してくれてありがとう。特に翔君と迅君の御礼には可愛くて何回も見てしまいました。素敵な料理作ってますね。しかもおしゃれですね。ほかのブログの友達にも送ったのですが、ジャム作ってましたよ。お義母さんの1周忌早いですね。昨日は夫の実の母の命日でした。YUKIさんはお義母さんの前の日に同窓会でしたが、私の場合は夫の両親の7回忌の前の日にコロがお空に行ってしまいました。柿の木の下にコロがいます。実家の母はコロがお空に行ってから柿が良くなったと言ってるからきっとコロが守ってくれてるのかもしれません。

Commented by みちみち at 2011-11-10 16:14 x
今年も美味しい柿が届いてますね~っ♪
ウォーキングの途中、沢山の柿の木を眺めながら「ここの家の方はどうして柿を採らないのかしらねっ!」と会話をしてしまうほど黄金色が目立つ此の頃です。
翔君と迅君の御礼がYUKIさんらしくていいですね~~~~っ♪

あれから一年が。。。。。。。同窓会も迷ってたYUKIさんでしたよねっ。
そして、日帰り旅行の優待券での参加は私も何度か経験があります。ワイン工場で試飲、それから宝石店へと。。。。。。ツアーは同じですね、あっ!石和温泉で温泉に入りしゃぶしゃぶも美味しかった事を思い出しました。

紅葉がとても綺麗だったのですね~~~、同窓会も日帰りバスツアーも義母様からの最後のプレセントとして頂いた貴重なお時間をこうして感謝への気持ちと受け止めてるYUKIさん、義母様にはきっと伝わってることと思います。
最近の私は感謝の気持ちを忘れがちでしたので、この記事を読ませていただいて心洗われました。
Commented by バウ at 2011-11-10 18:44 x
ご無沙汰~w
うんうん
読み返しつつ記憶が蘇り
あの時も、こんな風に感謝してたっけね
感謝しているのは義母様だろう。来世の出会いもまた楽しみだね

柿の渋は林檎と一緒に袋に入れておくと抜けるよん♪
熟し柿って、わたしは苦手だけどそれが好きって人も多いよね
昔は籾殻をしいた蓋付きのもろぶたに蔕を下にして並べておいたもんだよ
そういや・・・・婆ちゃんが(わたしのね)息してっから丁度いい湿気が出て籾殻の寝床で甘くなるって言ってたなぁ。。。
Commented by と。 at 2011-11-11 00:13 x
嫁も・・なのだが、私も痛い目に遭ったので「YUKI &むと ブログ」に返事が出来なかったんだよぉ・・。
 理由はこうさ。 以前にも幾度かあったので用心をしていたのだが、まぁ・・YUKIちゃん、ちょっち聞いてね。

嫁のプチ手術が終り、全快祝って事で、心配してくれた方々と一緒に温泉旅館で湯に浸かり、飲みっ!喰いっ!暴れっ!
 楽しい時間はアッというまに過ぎ去った・・それはそれで良かったのだが、以前から有った、「山に入って写真を写そう~」 企画が順延になってしまった。

改めて、10月の9日と16日の日曜日という事になったので、私は一人で紅葉のポイントを探しに行ってきた。 もちろん私的ポイントは山ほど有る。
 当然、一服する所も数カ所ありなのだが、全体的に見下ろす事のできる場所は一カ所で、残念だがこの日は濃霧で東西南北全く見えなく、
当然ながら山全体の紅葉の程度が解ろうはずもなく、腹立ち紛れに思いっ切りっ!放屁してやったっ!・・ の ・・が・・ヤバかった。。
Commented by と。 part 2 at 2011-11-11 00:17 x

菊の花びらが、内側から吹っ飛んだ状態 (想像なのだが)まさに、鮮血飛びちる・・ あ~ ではなく、あ”~~~ って感じだった。

 山で獣を相手に戦い、無事生還!・・ ならカッコ良いのだが、山で屁をこいて尻の穴が爆発!・・しかも内股のオカマのおっさん状態で帰宅・・。。

俺は笑えないので (YUKIちゃん、今笑ってるべ?) 誰にも言わないが、この話が他人の事なら向こう100年は笑いのネタにしてやるのだが・・

 「油断大敵」?  そんな言葉!昔から知ってるわいっ! ぷん

 
Commented by アメリカン・ブルー at 2011-11-11 00:21 x
いま、慌てて、先日、義兄から連絡があった日程を見ました。
我が家の法事も、来月4日になっていました。
去年は、大雪で、「どうしてこの日を選んだの?」そう思いました。
なぜって、生前義母が「どんなに悪い人でも、気候の良い日に亡くなると、良い人になり、どんなに良い人でも、悪天候の日に亡くなると、こんな日に・・・って言われるものだと言っていたのを思い出したからです。
大寒の大雪の日をあえて選んだ義母・・・・
これ以上の苦難はもうないかもしれませんね。
そんな私も、思い出せば、亡くなる前日、東京の大江戸博物館へ大河ドラマ「江」の展示を見に行って、帰りに、息子から彼女さんなる方を初めて紹介されました。
まるで、今度は貴女が「姑」になるのよ・・・とバトンを渡されたような気持ちを今感じています。
恐るべし、義母のなせるわざ。
まだまだ、足元にも及ばない私だと、今度の法事で義母に伝えないとね。
ひとり言を書いてしまいました。 あしからず・・・
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:43
まんまにさんおはようございます♪
植物の栄養素が一杯詰まった実 大事に頂かないといけませんよね

柿を扱った新菓子 それは是非見に行かねばなりませんね
おせちに使うとなると熟した柿は一旦冷凍保存した方が良さそうですね
来年は喪中で寂しい正月になるでしょうから
せめて食を賑やかくしようかな(=v=)
ナマス 義母が大好きでした 作ってみますね
コメントありがとうございました
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:44
みーとさんおはよう コメントありがとう♪
あの旅から一年 
そして義母が亡くなるその瞬間まで
毎日毎日通い続けたあの日がもっと昔に感じます

山梨の紅葉は少し見頃より早かったけれど
今年のあちこちの様子と比べると本当に綺麗でした
画像には観光客が写っていないけれどそれはそれは大賑わいでした

豆腐との白和えでなるほどと思ったら
柿を器にしてしまう所がみーとさん 流石です!
まだまだ沢山あるから色々な調理法で楽しみたいと思ってるよ
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:44
マリンママさんおはようございます~♪
かわいい~何て久しぶりに言われた気がします(笑)
そんな嬉しいコメントありがとうです<(_ _)>

野沢菜と柿のつまみは胡麻油で炒めました
柿は味醂と砂糖の役目を果たしていてそう驚く味ではありません
酒好きの貴女も是非おためしあれ(笑)

バスツアー 長野を旅した方とご一緒なら大盛り上がりになるでしょう
こちらも機会がありましたら是非(-m-)

義母への合掌 お心に感謝します
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:44
エリちゃんおはよう♪
改めて今年も美味しい柿をありがとう
翔&迅はちゃんとエリちゃんのお顔を見ながら
感謝の気持ちを言ってるみたいに見えたら嬉しいな!(^^)!

柿ジャムかぁ それも挑戦してみようかな
このブログアップした日がご主人のお母様の命日だったんだ
ちょっと遅れちゃったけれど私も合掌
そして法事の前日コロちゃんが亡くなったんだね
ブログにコロちゃんの事が触れられていた記事は
ピースと重なり涙で読んでたんだよ
そんなコロちゃんの安住の地が
この柿の源だったなんてまたウルウルしてきちゃう
守られて育った柿、大事に頂くからね
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:45
みちみちさんおはようございます♪
ウォーキング中の楽しい会話 みちみちさんらしいですね~
でもどうして採らないのかしらね ご自由に採ってって良いよ!かしら(笑)

同窓会の出欠 最後の最後まで迷って迷って主人や娘たちに後押しされて
締め切りを過ぎてやっと出席葉書を投函しました(笑)
よく覚えていてくださいましたね~~ あれから1年です(-m-)

みちみちさんもツアー経験ありですか
やはりツアー計画も同じなのですね
温泉にシャブシャブ!!!!あらこっちの方が良かったわ(笑)

義母との間には色々ありました
分かりあい始めるのにも長い年月がかかりました
その途中で亡くなってしまいましたが気付くことが出来て良かったと思います

義母は夫の幼いころから持病があって年に何度か入院していました
やはり健康第一!ですよね 
私もみちみちさんを見習ってせめてテレビ体操を復活しなきゃ
コメントありがとうございました
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:45
バウさん忙しい中ご訪問ありがとね♪
逝ってしまうとこういう気持ちが持てるようになれるんだよね
義母がしてくれた事々が次々に思い出されるんだよ
それは嫌な思い出より良い思い出の方が多かったって事でもある
逆だったら…それは辛い
来世かぁ どうしましょ(-m-)

林檎のパワーはバウさんのサイトにも紹介されていたけれど
渋を抜くパワーもあったんだね
そのパワーの源も近々そっちにお邪魔するから楽しみにしててね(=v=)

私は畑や田圃などの生活と無縁だったから
そっちの知識は全くなしで昔の人の知恵には驚くばかり
籾殻も最後の最後まで人に尽くして大したもんだ

半纏なんか着こんだ婆ちゃんが孫に話しているその姿が目に浮かぶ(勝手に)
バウさんは婆ちゃんの思い出があるんだね 羨ましいよ 
私の婆ちゃん爺ちゃんたちは私が生まれる前には亡くなってた

あ…あたしも婆ちゃんなんだよね
今日もやって来る孫たちに良い思い出残してやらねば(笑)
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:46
とむさん何やら災難に遭ってたんだ
道理で静かなはずだね(笑)

第一に奥方の全快祝いってことは喜ばしい事
良かったね お疲れ様でした
飲んだようだし 食ったようだし (暴れはいらんって)

で何? 
写真会より先にスケベ心で単身山に入ったって事ですね(笑)
生憎辺りは濃霧で状況が分からず頭にきた老人はぷぅ~と
ガス爆発?!?!(違うよね?)
クマに尻をかまれたとか?
多分ここの所の解釈はみーとさんなら分かるんだろうなぁ(笑)

>山で獣を相手に戦い、無事生還!
笑っちゃいないよ
この件はマタギの富治が目に浮かんだ
彼の生還も凄かったねぇ
可哀想なとむ爺も富治扱いにしてあげるよ(-m-)

で…哀れなお尻は今大丈夫なの?
Commented by r-petal at 2011-11-11 08:47
アメリカン・ブルーさんおはようございます♪
一日違いでしたか

私の義母も1月3日
その日の午前中医師と面談してまだ大丈夫だと言われ帰宅 
娘夫婦、皆集まって予定通り正月の祝いをしていました

亡くなった時長女がこう言いました
「亡くなるときってその人の日頃の態度が出るのかな
ばあば(私の母です)は1人で何でもやる人だったから
ひとりで静かに逝っちゃったし

ばあちゃんは何時も皆を巻き込むから
亡くなるときも皆を集めたんだね」と
老人特有の寂しがり屋は2人とも同じでしたが
旅立つ時は確かに元気な頃の互いの姿でした
義父が肺炎で入院していた間、義母を預かったのですが
当時学生だった孫と祖母の溝は最後まで埋まりませんでした

嫁いだ娘たちを見ていて今の娘たちの姿はあの頃の私に似ています
若さゆえ相手の良さが見えずにいるのです
私もひとり言を書いてしまいました
そんな言葉を発せられる場所でありたいと思っていますので
今度もどうぞ どうぞ(=v=)
Commented by 犬好きかあさん at 2011-11-11 10:26 x
遅ればせながらm(__)m 翔くん10才お誕生日おめでとう 
堂々のシニア犬仲間入り 元気にすごしていきますように(^^♪
柿を挟んでの写真 2匹共にいい表情してますよね(^^)
寒中見舞いにでも使えそうと勝手に思いました

夫の両親とは遠方でもあり2回会っただけで亡くなりましたが
二人ともに性格そのまま ひっそりと潔く去ったと思います
私の両親の場合 父は療養時から私に全てを任せ何も言わず
一人で逝き、 日頃から「苦しまず寝込まずスパッと」が口癖の母は その思い通りに逝きました。母が元気な時に何気なく
母の身体を軽く抱きしめた時があり悔いはないのですが
父が亡くなったのは私と娘が面会し帰宅した直後・・・
面会後病室を出て帰ろうとした私を呼び戻し「寒い」と言った
言葉に 予定のある娘だけ帰しそのまま居続けなかったのか
激しい雨の日ゆえ娘の車で帰ることしか考えられなかった事
仏壇や墓参りに手を合わせる度に胸がきゅっとなります





Commented by タナックス at 2011-11-11 19:25 x
うが~~

いつ見てもおいしい物いっぱいですね^^

同窓会ですか~~みんな ・・・・・・・・・・・(笑)

うんうん。自由時間・・・・義母さん 姐さんを見ているでしょね。
喜んでると思うよ^^

で、忙し屋~~ダダダダダダダダε=ε=(/*~▽)/
Commented by r-petal at 2011-11-12 08:03
犬好きかあさんおはよう♪
11月は翔に続いて犬好きかあさんのお誕生日も控えておりますね!(^^)!
ハイ!堂々のシニアになりました
そしてカメラ撮影も1発でOKで数少ない得意芸の一つです(笑)

ご主人のご両親とお会いしたのが2度ですか
ご主人自身もご両親と接する事が少なかったのかしら
個人的な事なのでさらりと聞き流してくださいね
ただ私たちもその時を迎えるにあたっては
ご主人のご両親の様でありたいと思います

ご自身のお母様の時には犬好きかあさんにも介護で辛い時がありましたよね
訃報のコメントを読んだ時には余りにも突然で驚きもありました
お父様の時は娘として悩み苦しむ姿が伺われて
その理由を今回のコメントで知りました
決して天候の悪さで帰りを急いだのではなく
次回はもっといてあげるから今日はごめんね
そんな気持ちだったのではないでしょうか

母も私が帰った後旅立ってしまいました
その日の夕方翔悟と冬音が退院してきた日で
長女親子は私の帰りを自宅で待っていたのです
もう30分病室に居たら私は母を看取ることが出来たのに・・・
思いは多分犬好きかあさんと同じです
Commented by r-petal at 2011-11-12 08:03
タナさんおはよう♪
みんな年取ったでしょ(笑) 
体系がすっかり変わって分からない人も居たよ

母に見守られ
義母に見守られ あたしは幸せだわ~(-m-)

慌てて転ぶんじゃないよ~~
Commented by bluetear at 2011-11-12 17:30 x
渋柿は、私が小さい頃から両親が焼酎で渋抜きをしていたので知ってます。
渋柿のヘタに焼酎を浸して、ビニール袋で密封をして10日ほどそのまま置くと、見事に渋が抜けていてビックリしますよね。
私は渋柿は干し柿にしたりしましたが、今年は渋柿、実家てら貰って来てないので・・・・・・
渋柿も出来上がったら、一部はブランデー漬けを作ってみた年もあります。
なかなか美味しいです♪

一人でご参加されたんですね。
こういう旅行、我が家にも時々届きます。
今度は是非誘ってください。
私も誘いますので(*^_^*)
Commented by bluetear at 2011-11-12 17:34 x
書き忘れました。
あれからもう一年が経つのですね。
YUKIさんにとっての1年は長かったでしょうか。
私はYUKIさんとお会いしたときにも言いましたが、本当に素晴らしい嫁と姑関係だと思って感心してます。
YUKIさんがお姑さんを大切にされていた分、お姑さんもYUKIさんを我が娘のように可愛がっていた様子が、YUKIさんのブログからずっと伝わってました。
一周忌の法要、無事に滞りなく行えますように。
Commented by r-petal at 2011-11-14 08:49
bluetearさんは渋抜きの事を知っていたのですか!
先週父が遊びに来た時に柿を茶菓子に出したのですが
渋抜きの事を知っていました 
そう言えば母さんは干し柿を作って食べていたよね~って昔話に花が咲きました
それよりブランデーって美味しそうではありませんか(笑)

震災があった直後浅草と新国際空港 お台場の旅が来ましたが
時が時だけにその気になりませんでした
こういう旅行は同乗者も同じ場所からなのでちょっと無理がありそうです
私の場合余程のタイミングでないと泊りは無理なのですよね

改めて新盆の際の絵ロウソクありがとうございました
今回もお寺での法要が終わった後またあのロウソクで義母を偲びます
義母の一周忌を終えれば後は身内だけで執り行いますから
来年はbluetearさんと日帰りツアーで近場を楽しみましょうね!(^^)!
毎回ご丁寧なコメントありがとうございます
<< 犬に纏わる話 その4 美しき秋の… >>