新蕎麦と大人の…
新蕎麦は時期だから分かるとして「大人の…」って(謎笑)

一昨日作り始めた今年11回目の石けんは
20時間後、昨日の早朝にやっと型入れ出来ました
気温が下がってきたので
オイルがカスタード状に変化するまで時間がかかります

今回の新作石けんのオプションはクルミの…
d0064859_17325431.jpg



石けんショップから細かく細かく粉砕された
ウォールナッツシェルパウダーを購入して生地に混ぜ込みました
d0064859_17331438.jpg

この石けんの解禁日は11月20日
楽しみに楽しみに待ちましょう♪

**********************
既に二週間近く前のお話ですが(10月16日)
毎度のJさんと桜の名所 
高遠へ新蕎麦(十割)を食べに出掛けてきました
勿論着物で♪

洋服では下着なんて披露できないけれど
着物ならそう抵抗がないのが不思議です
渋い薄金茶と紫の矢絣
d0064859_1734624.jpg

実はこの長襦袢はオークションで落札した新品ですが
やはり裄丈が短くて買ったまま1年半仕舞いっぱなし
半年前にやっとその気になって今回袖を通すことが出来ました

着物は紬の小紋 筆字のような模様です
d0064859_17382271.jpg

こちらも肩幅1センチ 袖幅2.5センチほど出しました


帯は唐草お太鼓柄の八寸名古屋
義母の形見の品です
(前柄を中心にすると手先が不足してしまいました)
d0064859_17392362.jpg

帯揚げは犬柄 
大切なお友達が今年の誕生日にプレゼントしてくれた品です
帯留めは義兄の母の形見です

ストアの駐車場で彼女と待ち合わせをして今回は私の車で高遠に向かい
現地で一番に目にした蕎麦屋の立て看板を辿って左の脇道へ入った

住宅を改良したお店で座敷が食事処になっています
品書きは十割手打ちざるそば(900円)と
中盛り 大盛り(1600円)のみで1日30色限定

蕎麦を注文すると高野豆腐の煮物と漬物が運ばれてきた
味つけは薄めで素材の味が楽しめる
d0064859_17442955.jpg



待つ事しばし…
太めで色がしっかりとした蕎麦と一緒に2種類のつゆが添えられた
d0064859_17454380.jpg

黒い椀のつゆは辛み大根と焼き味噌を使った特製辛つゆらしい

先ずは新蕎麦と一緒に記念撮影して(笑)
d0064859_1746283.jpg



辛つゆから先に一口 
十分の歯ごたえと十割特有のぼそぼそ感少なめな気がしました
d0064859_17463255.jpg



しっかり噛むことで満腹感は十分得られます
最後の蕎麦湯は少し残して置いた薬味を入れただけのほぼストレート
これがYUKI流の飲み方で

こちらは兜庵でございました
d0064859_17471218.jpg



開始時間まで時間があったので高遠の城下町に入り
元酒蔵だった仙醸さんでコーヒーなど頂いて
d0064859_17475089.jpg



名物高遠の子亀まんじゅうを土産に一袋買い
d0064859_17483186.jpg

小口の私に(え?)ピッタリサイズ(笑)
d0064859_1749306.jpg



この教室に参加するために1時、図書館の視聴覚室へ 
「大人の万華鏡作り」
d0064859_17501799.jpg


講師は某高校の教師(男性)
約1時間半ほど万華鏡キットに持参した和紙を貼りつけ
二種類の万華鏡を仕上げてきました

一つはボトルに水を入れて落下するビーズ玉が模様になるタイプと
もう一つはビー玉を通して見た景色が模様になるタイプ 
d0064859_1751787.jpg


            
自宅に帰って早速ビー玉タイプであれこれ覗いて回りました
座布団やら観葉植物のオリズルランやら
d0064859_17514626.jpg



これは迅坊
d0064859_17521131.jpg

完全に大人から童心に返ったひと時でした(-m-)

皆様良い週末を♪
[PR]
by r-petal | 2011-10-28 18:04
<< 美しき秋の… ご当地食を満喫 >>