旅雑話
6年前に比べると年々車中泊人口が増えたせいか
各地の道の駅の駐車場で色々な家族と出会う

例えば退職金で車内を改造して旅を楽しんでいた夫婦
(夫は羨ましそうに内装を見せてもらっていたっけ)
また、治療中の犬といつも一緒に居られるように車中泊を始めた夫婦
(バッテリー事件でお世話になりました)

きっかけは色々だけどここ遠山郷でも犬連れ組が多くなった
今回出会ったのは老人と老犬の旅姿だった

バスの運転手だった夫は定年後妻と旅するためにこの車を購入した
ある日 老人の犬は妻と散歩中に事故に遭った
バイクは老犬の後ろ足をひき
手術の甲斐もなくその右足は完全に動かなくなってしまったようだ

実際私が目にしたのは動かぬその足の異様に長く伸びていた爪だった
更に運悪く この事故から3年後妻は癌で亡くなってしまったようだ
d0064859_1353343.jpg

「俺は動くホームレス そんな年寄りが全国に20万人いるんだ」
「こいつの名はトク、徳がやって来るように…そんな願いを込めた」
話好きの老人はここで4泊過ごすと言っていた

昔は歯をむき出して威嚇したトク爺らしいが私が首回りを撫ぜると
体重をかけて体をすり寄せてくる それが結構重かった
d0064859_13541015.jpg

「3匹目の柴犬で今年16歳 いつ逝っても覚悟は出来ている
墓の場所だって用意してあるんだ」とケロリと言った

トク爺の住処はバスの下に置かれた簡単な木箱
d0064859_13523629.jpg

車内に入れると粗相をするので滞在中散歩以外はこの木箱周辺で過ごす
傍から見たら随分ぞんざいな扱いでトク爺が気の毒のようにも思えた

だけど…

*************************
9日(日曜日)9:00 a.m.ちょっと前
今回車中泊のお供、K君が我が家に到着(次女の夫と高校の同窓生)
K君は2年前、我が家に遊びに来た事がある
私の記憶では気働きがある好青年 
アルコールは余り強くなかったけれど(笑)現在の趣味はドラム(らしい)

おはようのあいさつの後 つい…
「夫に車中泊を強制されたんじゃないわよね?(勿論ジョーク)」と聞いた(笑)

目的地周辺にはコンビニがないため先ず食料(おにぎりなど)を調達
夫は目的の物がある場所へさっさと歩いて行く
私が買い物カゴを持つとK君はさっと手をだしカゴを持ってくれた(さすがです)

13個のおにぎりやらジュースやら購入していざ遠山郷へ

現地で早速テントを張り(2人が)
d0064859_13552290.jpg

一休みしていた時に冒頭で記した老人と挨拶を交わした

その後、郷に1軒しかないストアへ肉の買い出しに行き
夫とK君が温泉に浸っている間
私は日陰に椅子を移動してこれを飲みながら
ウォークマンで音楽やらデジイチ撮影を楽しんだ
d0064859_13565180.jpg

d0064859_1441767.jpg


先々週、購入したイヤホン 使わない時はカギにコードを巻きつける
d0064859_1356659.jpg

確かにコードは絡まないけれど巻跡が残ります ^^;
…良いとこあり悪いとこありですが
アメリカン・ブルーさんから頂いたストラップは良いとこ取りですね♪翔&迅

見上げれば飛行機が上空を通過
d0064859_1445577.jpg



キバナコスモスも満開 
少々気になることがありましたが長閑ですね
d0064859_1465215.jpg

d0064859_1472421.jpg


コンビが戻ったところで昼の焼肉会が始まった
d0064859_1410369.jpg


毎回スタンダードだけどK君が居るのでハイグレード肉を奮発した夫(笑)
私は食べれないのでささ身と野菜 
おにぎりはお湯をかけるとお茶漬けになる
d0064859_1475153.jpg


宴も酣になった頃 
やっとトク爺の鳴き声が治まり私も食事を楽しむ気分になれた

実は
夫たちが入浴からそろそろ戻る頃どうやら老人も風呂に向かったようで
その頃からトク爺が鳴き始めた それが切ない声に聞こえた

夫たちが戻り焼肉会が始まった時もトク爺は鳴き続けていた

夫はテントの外に椅子を出していたので老人の帰りを教えてくれた
トク爺の鳴き声はその時ピタリと止まった

「今ご飯をあげているぞ」と夫
我が父の様にさっぱり系の老人はその後バスに入ってしまったが
トク爺はその後も鳴くことはなかった


これが老人とトク爺の絆なんだと気付きました
トク爺のしあわせは傍からみればもう少し何とか…と思うこの主の存在
例え姿は見えなくてもこの主が側に居ると言う安心感なんだ
老人とトク爺の姿は私の胸に深く残る思い出になりました

さて
夫たちが車内で昼寝中 今度は私が入浴
1時間半ほどゆっくりジャグジーや露天風呂を楽しんで♪

夜の会の為に皆で散歩して~~
d0064859_1492688.jpg

コンビは再び入浴に向かった

辺りが暗くなった6時頃に夜の会を開始
箸が何をつかむか分からない鍋を食べ(-m-)
鶏肉 つくね 豆腐 白菜 シラタキ エノキ シイタケ
d0064859_14105852.jpg

フラッシュ撮影なので中身が一瞬見えたけど
実際はランプの光だけなので薄暗い
最後に玉子うどんで長~い飲み会はお開きとなりました

続く(笑)
[PR]
by r-petal | 2011-10-15 14:21 | Comments(7)
Commented by みーと at 2011-10-16 00:05 x
今回は、若い男の人も参加!ですね~(笑)
青い空にきばなコスモスの綺麗なこと!
で、で、私はやっぱり口に入るものに目がいっちゃう(笑)ハイグレードの肉ですかあ~いいね^^と思ったらOH!マトン!うひょ~いいわいいわ!!
夜の闇鍋(?)もおいしそう、なにをつかんでも美味しいって感じで、いいじゃないですか!
トク爺ワン、人の飼い犬に対する考え方も接し方もそれそれですね。
Commented by と。。 at 2011-10-17 13:13 x
2番目か・・ 味つきマトン? ウヘヘ~ ジンギスカンだ。。
ランタンは、眩しいが暗いLEDかい? 嫁の車はプリウスだがヘッドランプは明るい・・のに、なんでランタンや懐中電灯は暗いんだかな~?

私のは友人の父親が譲ってくれた コールマンのケロシンランタンで、
寝る前に(テント内で)本を読むクセのある老眼の私には目に優しく
キャンプには忘れる事のできない最高の灯りだよ。。
一万円ちょっと位で買えるので、一考の余地も?? ^^
Commented by アメリカン・ブルー at 2011-10-17 20:57 x
生涯、車中泊はしないだろうと思っていた私達。。。
ルナまで揃って、3泊もしたのが今年の春。
おにぎりは、避難所から亡くなったお隣の奥様が貰って来てくれた青のりをまぶしただけのつつましいものだった。
それを、ダッシュボードの上にのせて、春の陽射しで温めて食べた。
三日ぶりの美味しいお米の昼食となった。

あれから7ヶ月・・・・きっと今なら、そんな経験を生かして、車でどこでも眠れそう。。。
突然にだって信州までも行けるもの。
人生観が変わる事ってあるのよね。
一緒に出かけた若者、何を探しに出かけたのでしょうか。
そこがとてもロマンですね。
Commented by r-petal at 2011-10-18 16:25
みーとさんこんにちは~♪
そうなのです!若い男性が一緒で(笑) 
でも婿殿と同じ年だから息子感覚ですね(-m-)

夫が是非にアップして欲しいとリクエストがあったハイグレード肉だけど
私はみーとさんを意識して撮りました(笑)

お鍋は苦手な物がなかったので安心して器に入れてたよ~
スッピンだし今回は暗い方が良かったで~~す♪

トク爺と老人を見た時ピースと父と重なりました
そして相田みつをさんの
『しあわせはいつもじぶんのこころがきめる』を思い出しました
Commented by r-petal at 2011-10-18 16:26
とむさんのおススメのコールマンのケロシンランタンは灯油なんだね
さすがに良いお値段で(笑) お気に入りに入れておいたよ

そうなの眩しいけど明るさが届く範囲が狭いLED
ランプって言うんじゃなくてランタンって言うんだね

奥さんプリウス すご~い 
夫は仕方なく通勤には私の軽自動車(ミラ)に乗ってるよ
旅先でも本を読んでいるんだ こっちもすごい
Commented by r-petal at 2011-10-18 16:26

アメリカン・ブルーさんこんにちは
手足を伸ばして横になれないと体に結構来ます
3日間本当に頑張りました 
そして改めてあの大惨事の記憶が蘇った事でしょう
被害を受けなった私たちでさえ普通の生活の有り難味を再認識しました
まだまだ不自由な生活を送っている方達の事を別世界と思ってはいけませんね

信州を常に愛してくださってありがとうございます
この地の良さをこれからも伝えていけたらと思っています
Commented at 2011-10-19 16:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 天空の里 最後の… >>