7月7日~12日 院内日記 ちょっと長い...(*≧m≦*)
入院中 携帯メールやパソコンメール 
退屈。。と感じる間がない位応援&励ましありがとうございました
特に嬉しかったのは絶食中の食べ物の話。。。。。m(_ _*)m 
お名前はよ~~く覚えておきます...(*≧m≦*)

入院中にパソコンに書き上げていた日記をアップします
良かったら悪患者YUKIの入院時の様子読んでみてくださいm(_ _;)m

12日予定通り退院 
翌13日・14日と医師との約束通り外来で点滴(栄養補給の為)を受けました
お陰さまで吐き気&痛みも消え昨日は雑炊まで食べれるようになりました(*^_^*)
もう少し落ち着いたら応援してくださった皆さんにお礼参りさせて頂きます


             ***************

先ず今回病室でお友達になったおばあちゃんと中国人女性の話をちょこっと(*^m^*)

Kおばちゃんと知り合ったのは7日に入院して間もなく
私が入院して直ぐパソコンをパチパチ始めたものだから珍しそうにベッドに来て話を始めた
その内自分の病気の事を語りだした
「胃に癌を発見された時は末期で手術はもう無理だって言われて 
余命2ヶ月だって言われたの
色々な抗がん剤を試している時に、ここの先生に余命を2ヶ月から半年に延ばしてみませんか?って言われて治療を始めたの」
そんな語り調子で始まった話 ちょっといきなりでビックリした

おばあちゃんは毎日病室の窓際に来て外を見て 
未だ生きているんだって実感するときが感謝の時だって言った
命の大切さ 余命を宣告されて実感しているのだろうな
 
でもこのおばあちゃんここで治療を始めて余命2ヶ月どころか癌細胞がちっちゃくなったみたい 奇跡だ
救命センターから戻った時、私は別の部屋に移ったので
もうKおばちゃんとは一緒の部屋ではない
おばあちゃんと一緒だったのは術前 たった1日だけだった

後何年生きられるかじゃなくて
今を大事に生きていきたいって言ってたおばあちゃんから素敵なプレゼントをもらいました
d0064859_831411.jpg


術後別の部屋になってしまったけれど4日後、おばあちゃんが私の部屋にやってきた
「ちょっと盗み見をしてこんな物を書いていたの。。。」手渡されたのは絵手紙
あら~~これ私?...何時の間にこんな絵を描いていたのだろう(*≧m≦*)
顔はともかくとして二の腕の筋肉質 それに面長似てるかも(*^m^*)
題して「病室でパソコンをする女性」らしい。。。宝物になった
退院後も素敵なお付き合いが続きそうだ

***********

タンさんと初めて会話をしたのはトイレ...(*≧m≦*)ぷぷ
術後移動した私のベッドは廊下側にあり タンさんのベッドは窓際にあった 
何時もカーテンで仕切られて孤立した状態
医師や看護師と話す感じで日本人ではないと気付いた

何時も無言のままみんなのベッドの前を歩いて通り過ぎる 
誰も声をかけないし自分からも話しかけない
彼女の首からぶら下がっている袋 あれはドレーンだ ひょっとして彼女。。。。

YUKI入院中は点滴をずっとしてました=トイレの回数が増える
度々トイレへ...(*≧m≦*) そこに丁度タンさんが手を洗っていた
思い切って声をかけた Do you speak English?
返ってきた言葉は「あなた外国人か?私中国人」
あちゃ~~フィリピンの人と思ったら違ってた(笑)
ゆっくりと日本語で話しかける 
病気の事に触れられると凄く警戒してる 4年前の自分と重なった

私がタンさんと同病だったと知ると態度が一変した 
「ないか? 切ったか?(これ胸を取ってしまったかという意味)」と彼女 
ストレートな会話だな~

言葉より再建された自分の胸を見せた タンさんもいずれは乳房の再建希望者 
目が輝いて同然だ
「痛いか?」と聞かれて 痛いよ とっても痛い 手術も9時間かかるよ 
「そんなにか! そんなのは嫌だ」 だよね~~

タンさんが突然質問攻め 「脂肪を胸に入れる手術知ってるか?」 いや。。知らない。。
「おいで」とタンさん ベッドの引き出しから週刊誌の切抜きを見せてくれた
タンさんが関心ある方法はお腹の脂肪を注入して胸に移植する方法 
豊胸ってやつかな?美容整形の一部だろうか?
乳癌手術後でも出来るなんて初めて知った。。
ネットのアドレスも記載されていたので退院したら調べてみて
タンさんに資料を印刷して届けてあげよう
どうせ退院翌日も点滴に通うはずだから。。。

前置きが長くなりました。。。

7日の朝、次女の付き添いで病棟へ無事到着(*^^)v

手術前の部屋は6人部屋で私以外は年齢70歳以上の昔のお嬢さんたちだった.....
(*≧m≦*)ぷぷ
私も決して若くないけれど娘さんで通ったわ(笑)
前回の入院の時の絶食は夕食からだったので昼食を食べる気満々で昼のアナウンスを待っていたら
今回の絶食はお昼からだと看護師 涙)))
こんな事なら朝食をもっと思いっきり食べておくべきだった

夜、翌日の手術に備えてしっかり熟睡のつもりが 
同室のお嬢さんの一人が夜中に突然叫びだしてその声にビックリしてもう寝れません
叫び声はその後も何度か続きました。。。早く寝ないと明日は手術( ̄⊥ ̄lll
あっちへゴロリ こっちへゴロリしている内に夜が明けてしまった 涙)))
麻酔なしでも出来そうな位思いっきり寝不足で迎えた手術は
7月8日午後2時から行なわれました
d0064859_8324087.jpg

当日仕事で来られなかった長女が手術室前の短冊に願い事を書いてくれてありました

お昼休み中の次女と夫の見送りで看護師と共に3番の手術部屋に入りました
麻酔科医師の合図で全身麻酔開始 後は全く意識はありません
手術時間は予定より短く1時間10分だったようです

全身麻酔の場合、意識が無くなった時点で人工呼吸器が口から入れます
術後麻酔が切られる瞬間にこの人工呼吸器を外すわけですが
これを抜かれた時、今まで無の世界から一気に現実に戻されます 
痛みも一気に襲ってきます この瞬間が私には恐怖でした
今回も短い時間の手術とは言えこの時だけは情けないけれど
自分はもっとも弱い人間になる。。
可哀想なのは二度に渡ってそんな私を見る夫

手術室から救命センターに運ばれると夫がそこで待機していました
【大丈夫か?痛いか?頑張れよ!】と励ましてくれる夫に
私はもう駄目。。。昏睡状態でついこの言葉を言ってしまうようです
ごめんね 旦那さんm(_ _*)m
麻酔が切れない状態なので意識はうつらうつらです

さてさて。。ちょっぴり弱気な日記ですが 
その後時間と共に痛みも意識も回復してきます
一泊救命センターで過ごし翌日9日の午後一般病棟に戻りました
その頃から術痕より胃に変な痛みを感じ始めました 
ズキズキと嫌な鈍痛 時に激痛です 吐き気もありました
変な話縫合された 違った。。今は縫合なし!(^^)! 
ボンドみたいな物で傷をくっ付けちゃいます そうだよねbubuちゃん(*^m^*)
そのくっ付けられた痕より胃の方が痛くて苦しくて眠れぬ夜でした

外科医も痛み止めや吐き気止め 
胃腸の薬などを点滴に混ぜてくれたのですが余り効果なし

7月10日の朝を迎えました 入院して3日近く何も食べていません 
食いしん坊の私には驚くべき記録です
朝食が運ばれてきました 大きなお盆にすまなそうにお椀が一つ 蓋を開けると重湯でした
d0064859_8381972.jpg

途端にムカムカとつわりのような感じ 駄目だ。。飲めない 
今吐いたらお腹が裂けるかもしれないくらい痛みが出る 
結局そのまま片付けてもらいました

お昼 今度はお盆に2つのお椀 一つは重湯 もう一つは具なし薄口和風スープ

余り食欲はなかったのですが一口和風スープを飲みました 
胃を絞られるような痛みと吐き気 
もう少し飲んで体力を付けなくちゃ! かなり辛かった でも2口がやっと

蜂蜜入りジュースや みかんジュース 高カロリー栄養食のコーンスープなど
日替わりおやつとして運ばれてきましたが殆ど飲めませんでした 
でもこの頃から3日間胃痛で苦しんだ状態から徐々に痛みや吐き気が薄れてきた感じです
やっと薬が効き始めてきたのかな。。。
食事も時間をかけて少しなら食べられるようになりました

これなら日常生活は出来るだろう 仮に何かあっても病院は家から近い 
自分なりに自信が持てたので看護師さんに12日、予定通りの退院を願い出ました
看護師もカルテにその旨を記録 私は12日に退院する気満々でいました

11日 入院して4回目の早朝 看護師さんたちと患者さんたちの活動開始前に
お友達のはむぴちさんに12日退院するよ~~と携帯報告 
序にHPにも代理報告を頼みました
はむぴちさんありがとうm(_ _*)m

今日は特別な日 尤も家族はすっかり忘れているけれど私にとっては忘れられない日
2001年7月11日 この病棟に入院して乳癌と乳房再建手術を受けた日 
あれから4年経ちました
まさか病院でこの日を迎えるとは思っても見なかったけれど悔やまれる事が一つ
ここじゃあ祝杯挙げられないジャン 禁酒 (TmT)ウゥゥ・・
な~んて冗談はさて置き さすがの私も今アルコールの匂いを嗅いだら確実にひっくり返る(*≧m≦*)
日付が11日に変わった夜中 自分にお祝いの言葉をかけました 
YUKI。。。4年経過記念日おめでとう!(^^)!
 
記念日の朝食は相変わらず重湯と具なしお味噌汁 
d0064859_8401010.jpg

何とか半分飲み干すとその後ジ~ンと忍び寄る胃痛
ベッドに横になって暫くじっとしていました
でも以前ほど我慢出来ない痛みではなくなりました ヤレヤレ

10時回診時間 主治医は忙しいのか別の外科医でした
看護師報告及びカルテを見ながら
「YUKIさん食事も満足に食べられないのに明日退院希望なんて無理です
普通食が食べられるようになるまで辛抱して入院していませんか?」
でも先生 痛みも日に日に治まっているし 吐き気も遠のいているので
自宅で同じような食事を作っていけますと主張
「それは不足分を点滴で補給出来るからでしょう」とM医師も食い下がる
ちょっと医師と私とやり取りがあって。。。
退院後も点滴治療に外来から通う事でM医師も渋々退院許可をくれた

医師が部屋を出た時 看護師さんにちょっと聞いた
外来で受ける点滴って2時間くらいで終わる?
「1リットルもある点滴を2時間で入れるなんて不可能よYUKIさん
病棟では6時間かけてゆっくり入れるけど外来なら4時間って所かな?
余り早く落とすと栄養じゃなくて全部尿として排出されちゃうの。。
どうする?退院延期する?」

四時間。。。( ̄ヘ ̄;) でも病室にいるより神経的に楽だろう やっぱり退院します!

意地でも食べようと思った昼食は重湯ではなく三分粥に昇進していた...(*≧m≦*)
消化の良い豆腐とじゃがいもの味噌ダレもあった 初めてのおかずだ
d0064859_8405536.jpg

30分ほど時間をかけて少しずつ少しずつ 半分まで食べて膳を戻した まぁまぁね(*^^)v
微痛で少しベッドに横になっていた 吐き気はない まぁまぁね!(^^)!

夕食も同じく三分粥に焼き魚や野菜のおしたし 私好みの食事 
でも半分以下しか箸が進まない 微痛あり
食いしん坊の私の食欲は一体何処へ行っちゃったんだろう?

退院前夜は殆ど寝ることが出来ない状態だった
原因はやっぱり医師とやりあった事と お隣のおばあちゃんのいびき(*≧m≦*)

翌12日の朝 いよいよ退院日
7:00am 出勤前の夫が病院に顔を出す 
短い間だったけれど毎日朝夕のお見舞い感謝しています
特に入院中2度も翔と迅を玄関まで連れてきてくれてありがとう

30分後朝食の膳のお味噌汁を飲んでいたら長女からメール
「ご飯食べろよ~~」 ハイハイ 今格闘してます...(*≧m≦*)
次女からもメール「耳鼻科一緒に付き合ってね」 
ハイハイ 今度は貴方の付き添いね
。。と言う事で2時病院を後にして真っ先に向かった先は自宅ではなく
次女の病院に付き添ってきました...(*≧m≦*) 

振り返ってみて。。。今回は簡単な虫垂炎の手術だったはず…
どこでこんな展開になってしまったのかしら (TmT)
[PR]
by r-petal | 2005-07-15 09:07 | Comments(8)
Commented by はむぴち at 2005-07-15 09:48 x
 姉さんお帰り♪
携帯で連絡とってたけど、改めて読んでみると・・(ノ_・。)
退院おめでとうもだけど、お疲れ様って言いたいわ。

 明日は、負担にならないようにハッスルしよう(≧m≦)
Commented by bubu at 2005-07-15 11:50 x
そりゃぁ~胃炎が予想外だったんでしょ~(笑) 大変だったね。胃炎さえなければ、食欲旺盛・ただの虫垂炎だったはず^^; だけど、YUKIねぇも元気そうだし、自宅はパラダイス~~だもん♪外来点滴も我慢できるよね(^_-)-☆ 入院期間は短いけど、振り返ってみると色んな人との出会いがあるよね。私も入院時は1日が超長かったけど、今振り返ると凄く短かったな。同部屋のおばちゃん・おばあちゃんにも良くしてもらって、いい思い出だよ。

ねぇさんのボンドも早く取れるといいね~~♪そそ、私もボンドだったけど、縫ってあったみたい。抜糸した覚えがあるもん(笑)ある日お風呂に入ってたら、その糸に指がひっかかってヒョロヒョロ~と抜けてきたもの(爆)(爆)慌てて次の検査の時に「せんせぇ~糸がぁぁ」と言ったら、ピンセットでヒョヒョ~と引っ張ってくれて抜糸完了!全く痛みなし(笑)

ねぇさん1日も早く食欲戻して、体力も復活しなよ~!
改めて退院おめでとう~~(^_-)-☆
Commented by たつ巻 at 2005-07-16 22:11 x
YUKIねぇおつかれさまでした。
しばらくはゆっくりと過ごしてくださいね。(^^♪
Commented by ジョンママ at 2005-07-17 00:05 x
YUKIさん 退院おめでとう!
というか、簡単な盲腸の手術のはずがちょっと大変だったのね!
10日もほとんどご飯を食べてないってことよね~(@_@;)
細身のYUKIさんがもっと細くなってない?
ゆっくり静養してね。 早く普通のご飯が食べれるようになるといいわね。
Commented by YUKI at 2005-07-19 17:48 x
ただいま~~って凄い遅いレスだねm(_ _;)m
楽しかったねオフ会(=v=)ムフフ♪
次回は何時にする?爆))))))
 
入院中ははむぴちさんとのやりとりがとっても気が紛れて助かったよ~~
特に絶食中の食べ物の話は。。。一生忘れられないわ(*≧m≦*)ププッ
Commented by YUKI at 2005-07-19 17:52 x
そうだ!胃腸炎が予想外だったんだ爆))))))
bubuちゃんも同室のおばあちゃんたちに大事にされたのね ってか。。bubuちゃん若いもんね 私の部屋は70歳以上のおばあちゃんたちばっかりだったからさすがの私も若者部類だったよ(*≧m≦*)ププッ
そっか 縫ってからボンドだったのか爆))))))
傷跡のボンドを見たらbubuちゃんを真っ先に思い出した(=v=)ムフフ♪
ボチボチ復帰してお礼カキコに行くからね(*^_^*)
Commented by YUKI at 2005-07-19 17:54 x
たつ巻さん~~コメントありがとう(*^_^*)
最近ちっとも遊びに行けなくているけれどお礼参りするからね~~
この1週間しっかり休ませてもらったからボチボチエンジンかけるよ~~
Commented by YUKI at 2005-07-19 17:56 x
ジョンママ ご無沙汰していますm(_ _;)m
ちょっと予想外な展開になって。。絶食入院みたいな結果でした(*≧m≦*)ププッ
ちょっと痩せたけれど夏のビールで直ぐに元に戻るでしょう爆))))))
今は普通食バクバク頂いてます(=v=)ムフフ♪
コメントありがとうございましたm(_ _;)m
<< 7月21日 ため日記m(_ _... 7月6日 入院前日 >>