箱入り娘*^-^*
3日前からワードが開けなくなってしまった
正確に言うと開く事は出来るがページに一文字入れただけでフリーズしてしまう
この現象は昨日になってメールの作成にまで及んでしまった
従って受信は出来ても文字を打ち込めなので送信が出来ない

昨年5月に新しいパソコンを検討したが未だ使えるものならとメモリを増量した
今回のトラブルの原因はメモリ不足ではなかったが
ワード(エクセルは異常なし)で作業をすると
Windowsタスクマネージャのパフォーマンスタブを開くとCPU使用率が100%
d0064859_15462783.jpg

メモ帳やインターネット閲覧時は7%~20%範囲で収まっている
何故こんな現象が起きてしまうのか…

2日前、午後2時からNECサポートとNTTサポートの担当者と電話から遠隔サポートを受けて
5時間近く作業をしてみたが解決出来なかった
言語バーの辞書ツールに問題があるらしいが辞書ファイルの破損の修復が出来ない…

いっそリカバリーしようかとも思ったがメーカーに聞いてからでないと危険だと言われた

時期が悪すぎる…年末でサポートもメーカーも休みに入ってしまったし
もう素人の私はお手上げ
今日はインターネットをしているだけでも
CPU使用率が20 ~100%と不安定になってきた

振り返ってみればその兆候は10月からあったので
容量500GBのポータブルハードディスクにバックアップを始めていた

5年間の保障期間も過ぎてしまったパソコンをこれ以上酷使したくない気持ちは
きっと救命センターで眠り続けている義母と重ねてしまったのかもしれない
寿命と諦めこれ以上の事をする気になれなかった

その義母は
麻酔を止めて一週間位から覚醒が始まると言われたが二週間過ぎても目覚めてくれない
やはりあの時の強い痙攣が脳にダメージを与えてしまったのかもしれない
相変わらず気管チューブを外せぬまま年を越す事になりそうだ

気管挿管から気管切開を試みようとすると義母は体調を崩してしまう
1回目は痙攣を起こした 結果全身麻酔を使わなければならない状態になり
2度目にトライしようとした時は血圧が下がってしまった
まるで義母はその手術を望まぬように思える
でもこのまま喉にチューブを差したままだと気管へのダメージが大きい
意識がないので本人は不快感も痛みもないから限界期の3週間を待つのかなぁ…

今日病院へ向う前に新しいパソコンを迎えに行ってきた
年末年始は何かと忙しいので設定はまた一人でボツボツと(=v=)

未だ箱入り娘ですが
d0064859_15474438.jpg

ハードディスクドライブ約1TB って…(驚)

2010年最後のブログになりそうです
皆様 良いお年をm(_"_)m
[PR]
by r-petal | 2010-12-30 15:50
<< 義母の旅立ち チリ産の… >>