焦らずゆっくり…事態を静観
先週の土曜日 
違った!夫のボーナスが出たのは金曜日
YUKI家ではボーナスを一括管理するのは私(笑)
特別お小遣いとして夫に二枚渡すと一枚戻してきた
「土曜日の寿司代にまわそう」太っ腹~
と言うことで急遽週末に外食する事になった

夫が帰宅するのを待って車で予定していた寿司屋へ
所が店は予約席で一杯 更に車を走らせ隣の市へ向った
駅前の駐車場に車を止めて次のお目当ての居酒屋へ行くとそこも予約で一杯
時期が悪かったのよね~~ 忘年会シーズン

多分何処に行ってもこんな感じだと諦めて
駅前のスーパーに寄って
各自食べたいものを遠慮なくカゴに入れて自宅で食べる事にした
d0064859_15461687.jpg

d0064859_1547361.jpg



滅多に立ち寄らないスーパーなので珍しい物が目に入り
正月娘夫婦たちが来た時にご馳走しようと大量に肉パックをカゴに入れ(冷凍庫行き)
卵がタイムサービスになっていたのでそれも即カゴへ
カチリ干しが特売! 酢漬けにして朝食用に(笑)
こうして夕食以外の食品も結構な量になってしまった

外食の予算は二次会と車の代行代を含め二枚だったけど
格安スーパーでの買い物で夫が寄付してくれた一枚でお釣りが出た
さすがにその釣りまで徴収出来ず…夫に返却(* ̄m ̄)

その晩の食卓はパックのまま…と手抜き
d0064859_15484418.jpg



熊本のお友達から頂いた鹿児島産の芋焼酎の栓を開け
d0064859_1549896.jpg

義母が小康状態だったお陰で夫と久しぶりに外食したつもりでゆっくり過ごせた

週が開け月曜日
8日から眠りについている義母に覚醒準備が少しずつ始まった
一気に麻酔を止めるのではなく
シリンジポンプで1時間に6mlだった薬量も月曜日は3mlと半分に減り
点滴からの痙攣止めの薬も鼻からの飲み薬へ徐々に移行し始めた
心拍数が異常に早くなる不整脈も落ち着き昨日は64
治療薬は昼に中止になった
血圧も徐々に上がり100を越えてきたのでこの治療薬も4mlまで減ってきた

そして今日の昼時
血圧を上げる薬の量は更に減らされ1時間に3ml

床ずれ防止の対抗枕を右から左に替えたのがきっかけなのか
もうこの薬の限界時期だったのか
麻酔薬のシリンジポンプが警告音を鳴らし始めた
看護師はその薬が流れる管のつまりを改善しようとしたけれど
結局薬は通らず脳外科医の指示でこれも中止になった
義母は麻酔を止めた結果
いよいよ目覚めるときが近付いた事になる

医師の話では麻酔を使っていた日数(1週間)も長いので
目覚めるまで二日か三日かかると言う

果たして意識が何処まで戻ってくれるのだろうか
気持ちは逸るけれどゆっくり焦らず義母の生還を待つのみ
[PR]
by r-petal | 2010-12-15 16:03
<< 1週間 願い >>