和物 その一
「その一」と言うことはその二もその内に♪

この所の気温のせいか孫のとうごが再び熱を出し先週は園を休んだ
昨日から孫のねね そして遂に夫も熱を出した
ねねは今日園を休んだけれど夫は出勤して行った

いや~な流れを最後にもらわぬよう私も健康管理をしっかりと!

********************
24日、来月予定されている着物外出用の半襟染めを楽しんだ
今回は往復にかかる移動時間を短縮するため友達が勤める工房で作業を進めた

半襟は2種類 夏用の半襟(ポリエステルでバイアス仕立て)と
袷の着物用半襟、こちらは数回の使用で残った汚れを染で隠すため

楽しみの前に工房の二階で掘り出し物探し
長羽織に適した好みの反物があればなぁ~~と探したけれど
着尺のこの反物に出会ってしまった
d0064859_856937.jpg

年代物だけど国産の絹物で厚味と肌触りがしっとりと手に馴染む
d0064859_8563670.jpg

姿見でその柄と身を合わせて見て…決まりですね*^-^*w
d0064859_85713.jpg

着物の仕立て代を浮かせる為に30年振りに単衣物を自分で縫ってみるか!

結局午前中はこの反物選びで終わってしまい
時刻は早くも昼
作業は午後から開始と言う事で(笑)

彼女と私は工房から場所を寿司屋に移しランチをオーダー
本日の日替わりメニューはとりから揚げ(サルサソース)と
d0064859_8583470.jpg

刺身の盛り合わせ
d0064859_8585486.jpg

…とアルコールのないビールも(笑)
d0064859_91259.jpg

午後1時、やっとこさ作業開始

久しぶりの摺り染め コツをすっかり忘れてます
d0064859_935182.jpg

一枚目は夏らしく露芝模様を選んだ
d0064859_922484.jpg

二枚目は以前も作った足跡柄 今回はやわらか~い色合いに染めてみた
d0064859_932157.jpg


摺り柄はこんな感じ
d0064859_964825.jpg


衿の薄汚れも足あと柄で目立たなくなりました♪
d0064859_973163.jpg


作業中、彼女が名前の型を切り抜いてくれたので
最後の作業に半襟の端に我が名を摺り染めて終了~
d0064859_943388.jpg


仕上げは自宅でしっかり乾燥させてアイロンかけをして完成!
d0064859_95285.jpg

d0064859_955957.jpg

半襟の柄はほんの一部しか見えないけれど隠れたお洒落ですね*^-^*
[PR]
by r-petal | 2010-06-28 09:25
<< エディブルフラワー 夏の風物詩 >>