6月27日 挙式前に。。。
d0064859_174258.jpg

覚えているお友達も居ると思うのですが
約2年前の11月急性腸炎で8日間の入院生活を送りました
その時も疑わしい病名として虫垂炎の名があがりました
が。。白血球の数値がそう高くなく抗生剤の投与で毎回平常値にさがってしまい
その都度 経過観察で毎回過してきました

*************
日曜日 夫がゴルフに出掛けたので母を連れて温泉に行ってきました
何事もなく入浴・食事を済ませ 母を送り届けて帰る道中 胃の部分に痛みを感じました
家に着いて直ぐ胃腸薬を飲み 夫と共に夫の実家に行ってきました
痛みは段々に強くなり自宅に戻った時は吐き気も伴ってかなり辛い状態でした

暫く横になっていたのですが更に痛みは増してくるので夫に病院へ連れて行ってもらいました
5年前にも同じ症状で病院に行った記録もありそして今回で3度目の緊急外来
休日担当医も外科の医師を呼んでくれ 
血液検査 超音波 CTなどの結果から手術を受けた方が良いと提案
迷いましたが結婚式当日にこんな事態になったら最悪
覚悟を決めて虫垂炎の手術を受ける事に決めました

術法は2つあります
開腹法と腹腔鏡下虫垂切除術

開腹法は従来の摘出方法で右下腹部に数センチの傷跡が残る方法です
一方腹腔鏡下虫垂切除術(私が今回行う術法)は術痕が小さいこと
その為術後の回復が早いなどのメリットがあります
勿論麻酔にも違いがあり 腹腔鏡下虫垂切除術の場合は全身麻酔下で行う 
これがデメリットでしょうか
最大のデメリットは術費用が高いと言う点もあります(TmT)ウゥゥ・・

双方の違いが詳しく出ているページを見つけたので関心のあるかたはどうぞ
http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-k/ped_surg/texts/T_appe.htm


話を私ことに戻して
日曜日から白血球の上昇に伴い熱もあり食欲もなく正直体調は今一
でも昨日と今日の点滴で当初に比べ痛みが遠のいている事などが幸いして
何とか家事は頑張っています
最悪状態の時は夫と長女が頑張ってくれました あ!次女も(*≧m≦*)ププッ

外科医と今日相談して7月7日に入院して翌日手術と決めてきました 
約1週間後に退院の予定になりそうです
また夫たちに不自由な思いをさせてしまうのは心苦しいけれど。。。
翔と迅は次女の動物病院で昼間を過し 夕方夫と共に帰宅
YUKI家一丸となってまた乗り越えて行きます

明日も抗生剤点滴と胃カメラ検査。。。(TmT)ウゥゥ・・
[PR]
by r-petal | 2005-06-27 17:45
<< 7月5日 公園へ 6月25日 結納恙なく終了(*... >>