お雪さんのお陰で…
雪さんって私(YUKI)じゃないよ(笑)

本題に入る前に 日曜日、着道楽のイベントに参加して来ました
今年も地方新聞に募集されていましたよ
(画像は昨年の花見の時 どこかに私が居ます)
d0064859_8214160.jpg

今回は白生地の華地紋を縞柄に後染めして仕立てた小紋に袖を通しました
d0064859_8234546.jpg

義母さんから頂いた車紋の名古屋帯を締め
私が二十代の時に母が買ってくれた帯揚げと帯締めで飾り
最後にお友達が去年、誕生日に贈ってくれたお気に入りの帯飾りで仕上げました♪
草履は例の歯形入り(笑) 皆さんのお陰です*^-^*
ちょっと若作りではありますが(笑)桜色を意識しました

ランチ前のホテルティールーム テーブルの上の花
d0064859_8242760.jpg

その向こうに着物姿の女性たちが続々と集まりつつあります

その様子は後程ゆっくりと… 
**********************************

17日の思いがけない大雪のお陰で2つばかり良い事があった
災い転じて…とも禍福はあざなえる縄のごとし…とも
今回は小さな事だったけれど人生って案外そんなものかもしれない

この先の事を思うと色々心配事ばかりだけれど
一山越える毎、建設的に考えられるようになった気がする
建設的…やっぱり大工の娘よね(笑)

良き事の一つ
通常夫の出張時の送り迎えは村内の高速度道路のバス停に行く
ここがまた辺鄙と言うか自然過ぎる場所と言うか山間で灯りが殆どなく
下り車線は人気のない昼間でも薄暗い神社の細いわき道にあり
上り車線は「熊注意」なんて立て札もあったりして…

早朝は未だしも夜の迎えは恐怖に近い
辺りは真っ暗…内側からドアロックをかけ待つことしばし
不意に翔&迅が吠えなどしたら心臓が止まりそうになる・・熊か?

所がこの雪のお陰で迎えは平地に近い駒ヶ根インターに変更になった*^-^*w
村内バス停より当然遠いけれどおまけが一つある

光前寺とバス停はわずか5分の距離
夫を迎えに行く前にその寺の夜桜見物が出来る
毎年この時期、夫が出張した晩、翔&迅を連れて出掛ける予定が
あの物凄い低温と雨で残念ながら、本当に残念ながら中止した
夜桜は亡き母と交わした大切な約束だから今年も行く事が出来て嬉しかった

夫の到着予定時間の1時間前に家を出た この日もかなりの寒さ
…にも関わらず見物客が結構居た
d0064859_8254982.jpg

蕾もチラホラあるけれどもう満開に近い
(と言うことは来週父と予定していた花見は遅いかも(∩_∩;))
d0064859_82764.jpg

d0064859_8262837.jpg


d0064859_8274718.jpg

ゆっくり堪能してバス停へ向った

10分遅れで到着した夫は車に入り「ただいま」ではなく
「ゴルフ場がこの雪でクローズだってさ 明日のゴルフは中止だ」 
あれま…日曜日は在宅ですか

家路の車中話し合いの結果 二つ目の良き事
 
着道楽のランチ後、次女親子と夫が光前寺に花見物に来る事になった
しかも夫が送り迎えを担当をしてくれました♪ 

夫たちが自宅でパック寿司を食べている頃、私は・・・
★ササミのポッシェ(ポッシェ=素材をゆっくり加熱する) 桜海老と春キャベツ等々
d0064859_8293150.jpg


★魚のヴァブール(ヴァブール=蒸気で蒸す)
d0064859_8413084.jpg


★アップル豚の岩塩焼(アップル豚って・・・・?)
d0064859_8421782.jpg

ハーブ、コリアンダーとバルサミコソース味

★デザート(ケーキはコーヒーが運ばれてから パクリ)
d0064859_8534650.jpg


…と言うことで駒ヶ根高原のリゾートリンクスで美味しい食事を堪能した後
ホテルのバスで光前寺に送ってもらい現地で夫たちと合流した

前夜の夜桜も然ることながらやはり自然の明るさの中で見る桜の方が素敵
d0064859_8553660.jpg

d0064859_8562174.jpg

この寺も今年は開創1150年祭と
春と秋、7年に一度の御開帳も開催しているので
信州へお越しの際は是非光前寺へ(笑)
d0064859_8563547.jpg

[PR]
by r-petal | 2010-04-22 09:08
<< お宮参りと…こぼれ話(笑) 名残の雪 >>