丸一週間分のブログ
話題が沢山あるのに外出や雑用が多過ぎた一週間
パソコンに向う時間が殆どなかった一週間
ぽっかり空いた時間を使って昨日の出来事から一週間前へタイムスリップっと(笑)
長いかも(*^m^*)
*********
昨日から長女夫婦の引越しが始まった
4年間住んだアパートから婿殿の両親と同居になる
私は丸1日とうごの子守り担当

菜園の野菜を孫と収穫した
d0064859_1173345.jpg

ジャンボピーマン(パプリカ)の白と紫
黄色いトマトや細長い赤いミニトマト 今年YUKI家はトマトが豊作
とうごにあげた採りたての2つのトマトは摩訶不思議
小さな手から消えてなくなっていた(笑)
(拭いただけで洗ってないけど無農薬だし腹痛なしだったし まぁね)

長女が作ってきてくれたおにぎりを食べ終えた頃
父とハッピーが遊びに来た

翔とハッピーは遠い親戚
元々翔はフレンドリーな性格なので人でも犬でも直ぐに打ち解けられるけれど・・・
d0064859_11132328.jpg

何故か迅は向ってくる者や物(おもちゃなど)も苦手
当然怖いもの知らずのハッピーが天敵 父の膝へ避難した(笑)
d0064859_11172552.jpg

とうごを寝かしつけた頃郵便物が届いた
見慣れた筆字は達筆な人、お友達のDON さん
奥様と買い物中、このストラップを見てピースだと思ってくれたそうな(感涙)
皮ラベルの裏側には私の名が刻まれていた(嬉)
d0064859_1120788.jpg

父と孫が帰った後携帯の翔&迅と一緒に吊るした・・・(*^m^*)
d0064859_11212681.jpg

*************
7月22日
46年ぶりの皆既日食で日本中が盛り上がっていたこの日
着物好きの二人は木曽路を歩いていた(* ̄m ̄)
d0064859_13165650.jpg

7月は姫りんごさんの誕生日月
(昨年から互いの誕生日は和服で過ごす日を設けることにした)
d0064859_138628.jpg

着物は私が独身の頃母が用意してくれたが一度も袖を通していない
決して気に入らなかったのではないけど・・・・今だとちょっと派手かな?

木曽漆器で有名な奈良井宿、漆器店や民芸店をゆっくり散策して来た
d0064859_11273443.jpg

d0064859_1128132.jpg

これ・・・花筏(ハナイカダ)
d0064859_11282275.jpg

葉の上に花を咲かせて実をつける(雌花)植物だそうで初めて見た私は大興奮

すばらしい杉玉がぶら下がっている杉の森酒造
d0064859_1129189.jpg

酒好きの二人が素通りするわけがなく(笑) 自分の 夫の土産に原酒を購入♪
d0064859_11294072.jpg

昼近く木曽福島へ移動して水無神社付近を散策しながら
d0064859_11374975.jpg

d0064859_11301711.jpg

d0064859_11372845.jpg

この日のランチ場所竈炙ビストロ 松島亭へ
d0064859_11305251.jpg

江戸時代から残る松島邸(商家)をそのままイタリアレストランにしたお店

サラダに続いて山葵たっぷり付いたそばの冷たいスープ
d0064859_113618100.jpg

イカと夏野菜の冷たいカッペリーンニとピッツァ
d0064859_11364121.jpg

d0064859_1137220.jpg

〆はデザートとコーヒー

木曽路を去る前に孫たちへ木曽漆器の箸を土産に購入
d0064859_11391065.jpg

可愛いハート型
d0064859_11404138.jpg

来月は私の誕生日・・・どの着物に袖を通してどこに行こうかなぁ(*^m^*)
*****************
7月19・20日 500キロの旅
出発前日、18日は村祭り、義父母が泊まりに来た
午前中に買い物を済ませて昼から夕食作り
4時間もかかってしまった(∩_∩;)

花火が始まると私と夫は翔&迅を抱き打ち上げが終わるのを待つ
地元に住んでいるけれど一度も夜祭を見たことがない(苦笑)

義父母が帰った翌朝、やっとこさ旅支度開始
こんな事だから忘れ物をしちゃうのよね・・・(* ̄m ̄)

お宿の車内はドンドン快適化して(笑)今回は扇風機も搭載
d0064859_11451637.jpg

次回は充電すれば再使用が可能なバッテリーも増えることだろう(笑)

最近の車中泊は1日目が雨と言うケースが多い
今回も岐阜県へ向う道中・現地も大雨が降ったり止んだり
現地で真っ先にじ・ば工房を訪れ、
旅目的のひとつ娘たちに安産のお守りを買った
d0064859_11483342.jpg

日本で2番目に長い飛騨トンネルが10年を要し貫通(平成19年)
その貫通時点で採取した石が守り袋の中に入っている
激しい湧き水と土圧など難の作業を成し遂げたパワーを娘たちへ

土砂降りの白川郷を通過してその日は道の駅の温泉を楽しんだ
が・・・忘れ物その1 コンタクトレンズの保存液
幸い私のコンタクトはハードなので水で代用(可)した
d0064859_11521850.jpg

夕食は地酒と
d0064859_11505166.jpg

飛騨牛
d0064859_11535545.jpg

二度も温泉に浸かった事と前夜の睡眠不足もあって私と翔だけ即就寝
夫と迅は温泉と駐車場で知り合ったご夫婦と
(定年退職金でキャンピングカーを購入)盛り上がってた・・・らしい

翌朝はすこぶる良い天気(ほんとこのパターンが多い)
d0064859_11565419.jpg

ちょっと足湯に浸かり
朝の食事はカップラーメン
所が・・・忘れ物その2 割り箸
夫が何とかすると出掛けて中々戻って来ない(鍋の湯はもうグラグラ状態)
一旦火を止め更に待つことしばし

もみじの枝で作った箸を持参で帰ってきた(笑)
一応鍋の熱で消毒
d0064859_120455.jpg

十分用に足りた
d0064859_1212237.jpg

食事後昨日通過した白川郷を散歩
d0064859_129160.jpg

駐車場から長い吊り橋を渡り・・・
d0064859_1224565.jpg

早朝の為店は開いていなかったけれど人も少なくゆっくり探索出来た♪
d0064859_1235340.jpg

d0064859_1244184.jpg

d0064859_1251915.jpg

d0064859_13275551.jpg

飛騨高山に移動して宮川朝市を
d0064859_1274373.jpg

d0064859_12144941.jpg

古い町並みを(主に造り酒屋)
d0064859_1210862.jpg

大きな酒ばやしを眺め・・・飲んだつもり(笑)
d0064859_1211161.jpg

レトロな町にはレトロな車が走り
d0064859_12123063.jpg

飛騨の名物 沢山のさるぼぼに会い
d0064859_12164039.jpg

d0064859_12171035.jpg

最後の目的地 飛騨の里へ 入場料700円(犬連れ OK)
d0064859_12243230.jpg

d0064859_12265556.jpg

豪雪に耐えた茅の厚さを間近に見・・・
d0064859_12185779.jpg

茅の厚みが一目瞭然
d0064859_12202810.jpg

昔人の苦労と暮らしの知恵にただただ驚いた

家に着いて直ぐに野菜の収穫
四葉キュウリがとんでもない大きさになっていたΣ(|||▽||| )
d0064859_12224972.jpg

通常150グラム前後の重さが何と720グラム!
シマウリのようなこのキュウリ・・・
d0064859_1223164.jpg

漬物と炒め物で何とか食したけど実はまだ三分の一残ってるし・・・
[PR]
by r-petal | 2009-07-25 13:34
<< 朝採り(撮り)画像 黄泉の国の母とピースへ >>